認知行動療法とは

 認知行動療法は、うつ病や不安障害などの治療法として科学的に有効性が実証されている心理療法です。もともとは、行動療法と認知療法という異なった形態の治療法でしたが、研究が進むにつれて両者は統合され、現在の認知行動療法という形になっています。

 年代的に先に現れた行動療法は、その名前の通り、行動の変容を中心に据えた治療法です。行動療法では、不適応行動というのは、何らかの刺激や状況と特定の行動との結びつきが学習された結果であると考えます。そうした学習は、その時点では役立つものであったのでしょうが、今となっては自らの行動をしばり付け、自由を制限するものとなっているのです。
 こうしたことから、行動療法では、適応的な行動の再学習を促していくことに主眼が置かれ、たとえば高所恐怖症の治療では、実際に階段を一段ずつ上っていく練習をするといったことが行われます。

 一方、認知療法では、私たちの気分や行動を左右するのはそこで起こっていること自体ではなく、それをどのように受け止めたかという「認知」の仕方であるという点に着目し、こうした認知を現実に沿ったものへと修正していくことに主眼が置かれます。「認知」という言葉はあまり耳慣れないものですが、要は、私たちの考え方や受け止め方を意味しています。
 認知療法は、当初、うつ病の治療法として考案されました。うつ病の患者さんには共通して、自分自身を否定的にとらえ、身の周りで起こることを批判的に解釈し、将来を悲観的に見るという認知のゆがみがみられることから、そうしたかたよった認知を修正していくことに治療の重点が置かれます。

 このように当初は別々に考案された治療法でしたが、行動的なアプローと認知的なアプローチは互いに排斥し合うものでなく、相補的なものであることが認識されるようになり、現在の認知行動療法へと統合されていくことになりました。

認知、情動、身体、行動の相互作用システム

 よく知られた例ですが、コップに半分ほど残った水を見て、「まだ半分もある」と笑顔を作る人もいれば、「もう半分しかない」となげく人もいます。コップの中の水の量は同じであっても、それをどう受け止めるかによって、そのときの気分や感情、そしてそこでの行動や身体的な反応が違ってきます。


 たとえば、ちょっとしたことがあってある人に苦手意識を抱いたとしましょう。そうすると、その人とはできるだけ顔を合わさないようにするというように、行動が変わってきます。もし顔を合わせるようなことがあっても、絶対に目は合わせないかもしれません。

 すると、そうした行動はますます苦手意識を高めことになり、その人のことを思い浮かべるだけで心臓がドキドキして緊張してしまうようなことになるかもしれません。

 こうしたなかで、思い切って自分の方から笑顔で挨拶するようにしてみると、相手も挨拶を返してくれ、苦手意識が薄れるようなこともあります。そして、以前はその人と出会うかもしれないと考えるだけで緊張してしまっていたのが、そうした不安も起こらなくなるでしょう。

 このように、私たちの考え方、気分や感情、身体的な反応、行動は、相互に影響し合っています。
 不安やうつに落ち込んでいるときは、この気分さえなんとか良くなればと願うものです。しかし、気分というものは、簡単にどうこうできるものではありません。それができるようなら、とっくの昔に不安やうつから抜け出ることができていたはずです。

 上にも書いたように、気分は認知や行動と深く結びついています。不安やうつといった嫌な気分はそれを生み出すような認知と行動に裏打ちされているのです。そこで認知行動療法では、簡単には変わらない気分に目を向けるのでなく、それよりも扱いやすい思考や行動を変えていくことで、結果として気分の改善を図るという実際的な方法をとります。

認知行動療法の特徴

 こうした認知行動療法の特徴として、以下のような点をあげることができます。

問題解決に主眼を置いた、短期の治療法です。

認知行動療法では、問題の原因を探って過去に目を向けることより、どのような認知や行動が問題を生み出す悪循環を作り出しているのかを検討し、それを修正していくことになります。このように、今現在の問題に焦点を合わせるので、治療に要する期間も6~15回前後という比較的短い期間ですみます。

科学的に検証された標準的な治療の進め方が、明確に示されています。

認知行動療法では、障害に応じた標準的な面接手順が明確に示されています。各セッションをどのように進めるのか、また全体としてどのように展開していくのかということについて、実証的な研究に基づいたモデルが提示されています。治療に取りかかる前にこうした治療ガイドラインについて十分な説明をさせていただきますので、安心して治療を受けることができます。

カウンセラーとの協働作業で治療を進めていきます。

治療はカウンセラー任せにしておけばいいというものではありません。カウンセラーは認知行動療法について専門的な知識と技能を持っていますが、あなたの問題について一番詳しいのはあなたご自身です。ですから、何が問題なのか、そしてそれを乗り越えるためにどのようなことから取りかかるのかということについて、共通理解が持てるようにしっかりと話し合いながら進められます。

面接の間に実行していただく課題を提案しながら進めていきます。

治療は面接時間のなかだけで終わるものではありません。いくら面接室では安定しておれるようになったところで、実際の生活の中へとその効果が広がっていかないのでは治療の意味がありません。ですから、普段の生活で実行していただく課題をカウンセラーの方から提案させていただくことになります。もちろん、どのようなことを課題とするかは、ご一緒に決めていきます。
こうした課題に真剣に取り組むか否かで治療の進み具合が大きく異なってくるということが、これまでの研究で明らかにされています。