不安障害のカウンセリング

 「不安障害」というのは、不安を主症状とする疾患群をまとめた名称で、そこにはパニック障害、恐怖症、社交不安障害、強迫性障害、ストレス障害、全般性不安障害といったものが含まれます。

 当センターでは、不安障害のカウンセリングとして認知行動療法を行っています。障害のタイプによってカウンセリングの進め方の細部は異なってきますが、基本的には、①不安の性質や症状が維持されるしくみを理解する、②リラクゼーションの練習、③不安を生み出す「認知」を変えていく、④不安のために回避していることに段階的に直面していく、という4つのステップで構成されています。

不安障害とは:正常な不安と病的な不安

 健康のこと、対人関係のこと、そして将来のことなど、毎日の生活のなかでわき上がってくる心配ごとを数えあげればきりがありません。こうした不安とまったく縁がない人などいないでしょう。ある意味、私たちは不安に取り囲まれて生きていると言っても過言ではありません。

 私たちが不安に思うのは、今まさに起きていることというより、この先起きるかもしれないようなことがらです。つまり不安は、可能性のある危機を先取りした反応なのです。ですから不安には、そうした危機に対してあらかじめ備えておくことを促すところがあり、そこから適切な対応策を講じるといった建設的な動きも生まれてきます。

 このように、不安自体は何も問題視されるものではないのですが、それが極端に強くなると、何か破滅的なことが起こりそうでじっとしていられない、気が張って落ち着かないといった心理的な緊迫感に加えて、心臓がドキドキする、冷や汗が出る、息苦しい、手足が震えるなどの身体症状が顕著になります。
 こうした不安反応が、はっきりした理由もなく繰り返し起きたり、あるいは理由があってもそれと不釣り合いに強く起こったりするのが「病的な不安」です。

 病的な不安を経験すると、そのことばかりが気になり、また不安が起こるのではないかという不安、つまり予期不安に付きまとわれるようになります。その結果、不安を回避することが何よりも優先され、毎日があたかも不安に支配されてしまったような生活になってしまいます。不安感の強さに加えて、こうした生活機能障害の有無が「不安障害」の診断基準となります。


原因と有病率

 不安障害の原因はまだよく分かっていません。現在のところ、遺伝的な素因(もともとの体質)に、養育環境や生活上のストレスなどの環境要因が加わって起こってくるものと考えられています。また、国によって有病率や障害のタイプの分布が大きく異なっていることから、社会的、文化的な背景も影響していることがうかがわれます。

 このように不安障害は複数の要因が重なり合って発症するものですが、これまでの研究から、不安障害では脳内の不安に関する神経系が過活動状態になっていることが知られており、治療に用いられる薬にはそうした脳の機能異常を調整する働きがあります。また、認知行動療法などのカウンセリングによって症状が軽快した場合にも、脳の機能状態に改善がみられます。

 不安障害の有病率の調査には、調査方法(調査対象の選び方や診断の方法)によってかなりばらつきがありますが、日本での調査では生涯有病率(一生の間のどこかの時点で不安障害を経験した人の率)は9~10%程度と推定されています。しかし、不安障害ではあっても病院などを受診しない方や内科等の一般科を受診している方も多く、潜在的な患者数はもっと多いと考えられています。また、男女比では女性の方が高く、男性の3倍近い値になっています。年齢分布は、18歳から60歳までのすべての年齢層であまり変わらず、60歳以上になると減少する傾向がみられます。


不安障害の種類

 不安障害は、以下のようなタイプに区分けされます。

■パニック障害
 パニック障害は、突然起こる「パニック発作」に加えて、予期不安、外出恐怖(広場恐怖)、抑うつ、生活機能障害などをともなう慢性疾患です。パニック発作とは、動悸、胸の痛みや息苦しさ、めまい、吐き気など多彩な身体症状をともなう激しい不安に襲われるもので、そのため心臓発作ではないか、死んでしまうのではないかなどと考え、しばしば救急車で病院へかけつけたりします。しかし病院に着くころには症状はほとんどおさまっていて、検査などでもとくに異常はみられません。そしてそのまま帰宅するのですが、数日を置かずまた発作を繰り返すことになります。

 こうしたパニック発作を経験すると、また発作が起こるのではないかという予期不安がたかまり、発作がないときでもそれに関連した不安が続くようになります。その結果、発作が起きそうな状況を強く回避するようになり、日常生活や仕事に支障をきたすことになります。

 パニック障害は、多くの場合、「広場恐怖」と呼ばれる状態を伴います。「広場恐怖」というのは、パニック発作が起きたとき、そこから逃げだしたり、助けを求めたりすることができないような場所や状況を恐れ、避けようとする症状をいいます。そのような場所や状況は広場とは限りません。乗り物に乗ることや高速道路での運転、人混みや行列に並ぶこと、美容院や歯医者に行くこと、映画館や会議室など、広場というより行動の自由が束縛されて、発作が起きたときすぐに逃げられない場所や状況が恐怖の対象となります。
 また、自分一人では避けてしまうような行動や状況であっても、誰か信頼できる人が同伴していれば可能であったりしますが、その結果、家族に依存したり、行動半径が縮小した生活を余儀なくされる場合が多く、生活の質が大幅に低下することになってしまいます。


■恐怖症
 恐怖症は、ある特定の対象や状況に対して、強くて持続的な恐怖感をいだく状態です。恐怖の対象となるものは、ヘビやクモといった特定の動物であったり、ナイフやハサミといった刃物や針のような先のとがったもの、高い場所とか、飛行機やエレベーターのような閉鎖された空間、というようにさまざまです。
 そして、こうした恐怖の対象や状況にさらされると、不安反応が誘発され、しばしば状況誘発性のパニック発作が起こります。

 恐怖症の人たちは、こうした対象や場所をそれほどまでに恐れる必要がないことを頭では分かっています。つまり、自分の症状の不合理性を自覚しているのですが、それでもどうしようもない恐怖感が起こり、犠牲を払ってでもそれを回避したり、強い苦痛を伴いながら耐えることになります。


■ 社交不安障害
 社交不安障害は、昔の呼び名である対人恐怖症というほうがわかりやすいかもしれません。社交不安障害の人たちは、他人の注目を浴びるかもしれないこと、人前で恥をかいたり、恥ずかしい思いをすることを極端に恐れ、そのような可能性のある場面に出ていくのを避けるようになります。

 人と話していると話題が見つからず困ってしまう、視線が合うと目のやり場に困ってしまう、人前に立つと顔が赤くなったり、口ごもってしまうなど、この人たちが訴えることはだれしも多少は経験するようなことがらです。ただ、社交不安障害の人たちは、自分がそんなふうに緊張してしまうことを極端に恥じて、周囲の人の目から隠そうとします。そして、それがうまくいかないことでさらに自己評価を下げ、そうした場面をますます恐れるようになります。

 こうした対人的な緊張感は、普通、家族に対しては生じてきません。また、まったく知らない人の中だと案外平気で振る舞えるという方もいます。つまり、社交不安障害の人たちが一番苦手とするのは、顔見知りではあるけど、親しくはないといった「半知り」の関係なのです。


■ 強迫性障害
 家を出るとき、鍵はしめただろうか、コンロの火は消しただろうかといったことが気になり、何度も引き返して確認しないと気がすまない。ドアの取っ手に触るとばい菌で手が汚れたのではないかと気になり、何分も手を洗わないと気がすまない。あれこれの物の位置がずれているのが気になり、何度も整え直す。
 こういうふうに、強迫性障害の方は、頭の中に浮かんできた疑念を見過ごすことが難しく、そのために起こってくる不安を解消しようとして、特定の行為を繰り返すことになります。

 不安をもたらすような考えが抑えようもなく繰り返し頭の中に浮かんでくるのを「強迫観念」と呼びます。そして、そうした強迫観念に伴う不安を抑えるために特定の儀式的な行動を繰り返してしまうことを「強迫行為」と呼び、どちらも強迫性障害に特徴的に見られる症状です。

 多くの場合、強迫性障害の方はそうした疑念やそのために行っていることが過剰で不合理なものであることに気づいています。それでも、強い不安感のために自分ではコントロールできず、強迫行為に何時間も費やしてしまうことになります。


■ ストレス障害
 ストレス障害は、生死にかかわるような事件や事故に巻き込まれるといった、強烈なストレスにさらされたために起こってくる反応です。犯罪に巻き込まれたり、災害に遭った後などによく見られます。

 そうしたできごとの直後に起こる「急性ストレス障害」では、強い不安感や過敏な状態、外傷を受けた場面を思い出させるような刺激の回避、外傷的なできごとの再体験(フラッシュバック)のほか、現実感がうすれたり、記憶が一部消えていたりすること(解離性症状)もあります。

 そして、こうした状態が一月以上にわたって続くようになると、「外傷後ストレス障害」と呼ばれます。


■ 全般性不安障害
 あれこれのことが次から次と心配になって、そわそわして落ち着かない。ちょっと動くと疲れてしまい、物事に集中できない。いつもイライラしていて、肩こりや頭痛がひどく、睡眠がうまく取れない。こういうふうに、理由が定まらず、さまざまな心配事が浮かんでくるのが全般性不安障害です。

 全般性不安障害の方には、もともとちょっとしたことで驚いてしまい、疲れやすい傾向が見られます。そのため、たいていはいつ病気が始まったのかはっきりせず、そうした神経過敏で疲れやすい状態が一進一退をくり返しながら長期間続くのが特徴です。健康面の不安から内科を受診するということもよく見られます。何かの心配事やストレスが関係している場合が多いようですが、それが原因というわけではなく、ひとつのきっかけにすぎません。


不安障害のカウンセリング・認知行動療法

 不安障害の認知行動療法は、障害のタイプによって重点の置き所は違ってきますが、おおむね以下のようなステップに沿って進められます。

第1ステップ:不安の性質や症状が維持されるしくみを理解する
 まずは、あなたの不安をしっかりと観察してみるという作業から始めます。どのような状況で不安が起こってくるのか、その強さはどのくらいか、そのときあなたはどのような対応をしているのか、そしてその後不安はどのようになっていくのかといったことを、記録をつけながら客観的にとらえていきます。
 こうした「不安を観察する作業」を一人でやるのは難しいものですが、カウンセラーに支えてもらいつつ、用意された記録用紙をもちいて順を追って観察していくことで、落ち着いて進めていくことができます。

 そうした観察から得られた情報をもとにして、現在、どのように症状が維持されることになっているのかをカウンセラーと共に検討し、それに合ったカウンセリングの進め方を説明させていただきます。


第2ステップ:リラクゼーションの練習
 リラクゼーションの方法には、おだやかな腹式呼吸によるもの、体の筋肉の緊張を解きほぐしていくもの、イメージや音楽やハーブを用いるものなどがありますが、当センターでは、呼吸法と段階的筋弛緩法の指導を行っています。

 不安発作のとき、多くの人は、息苦しくて「呼吸が足りない」と感じるようです。しかし、実際は、呼吸のしすぎの状態になっており、この過呼吸こそが不安発作のときに起こるさまざまな身体感覚を引き起こす元になっています。
 そのため、おだやかに腹式呼吸をしているときの感覚を身につけると、不安にともなう身体症状をかなり軽減することができます。具体的な練習方法は、当ホームページ内の『腹式呼吸での瞑想法』を参照してください。

 また、不安におびえているときには、意識せずに体に力が入り、固まっています。こうした筋肉の緊張をゆるめていく筋リラクゼーション法によって、体の緊張だけでなく心理的な緊張をほぐすことや、ストレスのレベルを下げることが可能になります。こちらについては、当ホームページ内の『筋リラクゼーション法』をご参照ください。

 ただご注意いただきたいのは、こうしたリラクゼーション法は不安に即効するものではない、ということです。少し練習をしたからといって、強い不安感が起こったときにやってみても、不安が治まるわけではありません。まずは落ち着いた雰囲気のなかで毎日練習し、おだやかな呼吸の感覚や、筋肉の緊張が緩んだときの感覚をくり返し体験することが大切です。こうした練習により、いわば不安に立ち向かう基礎体力をつけていくことで、はじめて不安のコントロールに役立つようになります。


第3ステップ:不安につながる「認知」を変えていく
 あなたは、不安が起きる直前に、何を考えていましたか? 不安発作の最中は? 不安発作のあとは、どうでしょうか?
 私たちの気分や行動を左右するのは、じつは、客観的な状況そのものではなく、それをどのように受け止めるか、どのように意味づけるかという私たちの《認知》の仕方なのです。たとえば、何気なく聞こえてきた話し声そのものが不安をもたらすのでなく、そのとき浮かんできた「私のことを話してるのだろうか」という考えこそが、不安の源となるのです。
 にわかには信じがたいかもしれませんが、不安のもとになるのは何かの状況や刺激そのものではなく、そのときどのような考えが頭に浮かんできたかという、あなたの《認知》にあるのです。

 ですから、あれこれの場面であなたの頭の中に自動的にわき起こってくる考えを拾い上げ、そこに不安をあおってしまうような誤解や偏った受け止め方が潜んでいないか検討することが大切になります。不安をコントロールする第3の治療技法は「認知再構成法」と呼ばれ、あなたを不安に陥れるような思考に疑問ぶつけ、より客観的で適応的なものに変えていこうとするものです。


第4ステップ:自分が恐れていることに段階的に直面していく
 強い不安を経験すると、その後、不安の引き金になるような状況を回避するようになります。そうすることで一時的には不安を避けることができますが、長期的に見れば、回避しなくてはならない対象がどんどん広がって、ついには家から一歩も出られないとか、一人でいることが全くできないといった状態になってしまうこともあります。

 こうした回避行動を重ねていくたびに、次に似たような状況におかれたとき、「回避しなくては!」という気持ちがよりいっそう強くなります。このようにして、回避すればするほど、ますますその状況に対する不安感が強まってしまうという「悪循環」が形成されることになります。

 このようにして、問題は不安発作だけでなく、「もし不安発作が起こったらどうしよう」という予期不安が四六時中頭から離れなくなり、「不安発作が起こりそうな場所はとにかく避けよう」として日常生活に支障をきたすことになってしまいます。

 こうした不安と回避の悪循環から抜け出るための治療技法は「段階的暴露」と呼ばれ、自分が回避している状況に段階的に直面していくというものです。不安が起きるのが分かっているような活動をしたり、そういう場面に出て行くというのは、決して楽なことではありません。ですから、こうした不安への暴露は無理のないところから段階的に取り組んでいくことになります。
 しかし、いくらそうした工夫を凝らしても、やはりなにがしかの不安を感じることは避けられません。「将来おだやかに生活できるように、今、あえて不安と向き合ってみよう」というのが、基本となる精神です。そして、こうした小さな挑戦を乗り越えるたびに、大いなる達成感と開放感が得られるのです。